HOME/気温が低く、寒いときの皮膚。鳥肌が出ている状態

商品id:349

カートに入れる
カートに入れる
カートに入れる
プリミアライセンスについて

※コンテンツを利用した制作物が3万部以上の複製部数となる場合、こちらが必要になります。
詳しくは利用規約の第7条をご覧ください。
該当する場合は、問い合わせ欄からお問い合わせをお願いします。

医療説明ブログ

寒く感じたとき、皮膚の毛穴が閉じて、体熱が逃げるのを防いでいます。

くわしくそのメカニズムを見て行くと、汗孔という、汗が排出される出口も狭まって汗がでなくなるほか、体表近くの毛細血管を流れる血液の量が減ります。そして、真皮にある立毛筋が収縮し、毛が立ちます。

間脳にある視床下部(ししょうかぶ)から、体温調節の指令は出ているとか。


※ コンテンツの内容、テキストの正確性に関して、利用者が確認をして使用するものとし、学術的、専門的見地を含め如何なる保証もいたしかねます。

※ 無断複製禁止。画像に電子署名を埋め込んであります。

キーワード

皮膚の構造/その他/皮膚科/美肌

オプション

下記の項目については、別途お問い合わせください。  

リクエスト

動画・イラストの加工・制作で個別のリクエストがございましたら、遠慮なく、お問い合わせください。