HOME/ 慢性閉塞性肺疾患(COPD)を起こしている気管支

商品id:679

カートに入れる
カートに入れる
カートに入れる
プリミアライセンスについて

※コンテンツを利用した制作物が3万部以上の複製部数となる場合、こちらが必要になります。
詳しくは利用規約の第7条をご覧ください。
該当する場合は、問い合わせ欄からお問い合わせをお願いします。

医療説明ブログ

口や鼻から吸い込まれた空気は、枝分かれをした気管支という管を通り、分岐を繰り返して、末端にある肺胞(はいほう)というよばれる場所にたどりつきます。肺胞は、ぶどうの房のような袋状になった小部屋がたくさん付いている構造をしていて、周りに毛細血管が取り巻いています。肺胞の壁は非常に薄く、血液に酸素を供給し、不要な二酸化炭素を放出するという働きをしています。

COPD(chronic obstructive pulmonary disease)はタバコの煙や大気汚染など、有毒な粒子やガスの長期的な吸入によって肺が炎症を起こし、呼吸がしにくくなる病気です。
COPDを起こすと空気の通り道である気管支の内側が炎症を起こし、気管の内側の空間が狭くなり空気の流れが悪くなってしまうようです。
COPDが気管支の末端の肺胞まで及んでしまうと、肺胞の壁が破壊され、空気がうまく吐き出せなるとか。

※ コンテンツの内容、テキストの正確性に関して、利用者が確認をして使用するものとし、学術的、専門的見地を含め如何なる保証もいたしかねます。

※ 無断複製禁止。画像に電子署名を埋め込んであります。

キーワード

慢性閉塞性肺疾患(COPD)/呼吸器内科

オプション

下記の項目については、別途お問い合わせください。  

リクエスト

動画・イラストの加工・制作で個別のリクエストがございましたら、遠慮なく、お問い合わせください。