HOME/骨格系の関連素材/関節の構造(隙間が狭いバージョン)

商品id:445

カートに入れる
カートに入れる
カートに入れる
プリミアライセンスについて

※コンテンツを利用した制作物が3万部以上の複製部数となる場合、こちらが必要になります。
詳しくは利用規約の第7条をご覧ください。
該当する場合は、問い合わせ欄からお問い合わせをお願いします。

医療説明ブログ

骨と骨をつなぐ(ジョイントする)部分が関節。関節があることで、骨はいろいろな動きをすることができます。ヒトの身体には200以上(分類の仕方によっては300以上?)の関節があると言われています。部位によって動き方が異なり、可動域が大きいのは、肩関節。肩関節は、球体のような部分がくぼみに収まった形になっているので、様々な方向に動かすことが可能となる構造です。

骨の先端には、衝撃と摩擦を減らす働きをする関節軟骨があり、その関節の周りは膜で覆われ、関節腔という空間があります。つまり、骨同士がぶつかるといたいので軟骨があり、骨の隙間の空間には、関節の動きをスムーズにしたり、軟骨に栄養を届けるなどの役目をする関節液が存在しています。「関節に水がたまる」とは、この関節液の量が異常に増えた状態をさすようですよ。

図には描いていませんが、関節の周りに筋や靭帯(じんたい)があり、関節を安定させ、動かす範囲などを制限しています。

※ コンテンツの内容、テキストの正確性に関して、利用者が確認をして使用するものとし、学術的、専門的見地を含め如何なる保証もいたしかねます。

※ 無断複製禁止。画像に電子署名を埋め込んであります。

キーワード

下肢/整形外科/骨格系の関連素材/骨・関節・靭帯の構造

オプション

下記の項目については、別途お問い合わせください。  

リクエスト

動画・イラストの加工・制作で個別のリクエストがございましたら、遠慮なく、お問い合わせください。