HOME/骨格系の関連素材/脊柱の構造(背面)

商品id:477

カートに入れる
カートに入れる
カートに入れる
プリミアライセンスについて

※コンテンツを利用した制作物が3万部以上の複製部数となる場合、こちらが必要になります。
詳しくは利用規約の第7条をご覧ください。
該当する場合は、問い合わせ欄からお問い合わせをお願いします。

医療説明ブログ

背骨は約33個の椎骨が積み重なって、脊柱というゆるやかなS字状のカーブを描く柱を作っています。

それぞれの椎骨の間には、椎間円板(椎間板:ついかんばん)という円形の軟骨の一種が存在していて、背骨のクッションのような役割を果たしているのです。

横から見ると、緩やかなカーブを描いていて、
頸椎(けいつい)7個、胸椎(きょうつい)12個、腰椎(ようつい)5個、仙骨、尾骨の5つのグループから
構成されています。

【頸椎(けいつい)】
頸椎は7つの椎骨からでき、第1と第2頸椎は特異な形状と働きを持ち、運動をしやすい構造になっているのですが、その他の頸椎はほぼ同じ形をしています。

頸椎は回転など、背骨の中でもよく動けるのが特徴です。



【胸椎(きょうつい)】
胸椎は、12個の椎骨からなり、肋骨とともに胸郭という肺や心臓を保護する骨格を形成しています。
ねじるという動作はよくできる部位なのですが、そのほかの動きに関しては制限を受けることもあるります。


【腰椎(ようつい)】
腰椎は、5個の椎骨からなり、椎骨や椎間円板が最も大きく部位になります。上半身の屈曲や伸展の大部分をになっている部位になります。


【仙骨(せんこつ)】
仙骨は、脊柱最大の骨で、骨盤の一部でもあり、身体のバランスを取るなどの働きをしています。



【尾骨(びこつ)】
尾骨は、ヒトによって数が違い、しっぽの名残といえる部位です。

※ コンテンツの内容、テキストの正確性に関して、利用者が確認をして使用するものとし、学術的、専門的見地を含め如何なる保証もいたしかねます。

※ 無断複製禁止。画像に電子署名を埋め込んであります。

キーワード

体幹(胴体)/整形外科/骨格系の関連素材

オプション

下記の項目については、別途お問い合わせください。  

リクエスト

動画・イラストの加工・制作で個別のリクエストがございましたら、遠慮なく、お問い合わせください。