HOME / 症状/捻挫(ねんざ:足外側の靭帯損傷)

【関節の怪我】

捻挫(ねんざ:足外側の靭帯損傷)

ー 外傷の中で頻度が高いのは、足首の捻挫かも? ー

Snow +

※無断転載禁止

プリミアライセンス にアップグレードする

・配布部数が5,000を超える屋外広告または印刷広告
・Medic Artの著作権表記なしのウェブでの使用
※ 詳しくは利用規約 第4条をご覧ください。

骨と骨を関節がつなぎ、関節の外側には、靭帯や腱が関節を補強しています。
捻挫(ねんざ)は、不自然な形でひねった際に起きる関節や靭帯、腱、軟骨などの怪我をさします。

脱臼が関節の組み合わせがずれてしまうのに対し、捻挫は正常な位置に関節があるという違いがあるようです。足関節の場合、外側より内側にひねることが多いとか。(確かに外側にはあまり足首は動きませんし……。ちなみに、肉離れは、筋肉そのものが損傷する場合を差すようですね)

捻挫により、靭帯が伸びてしまったり、切れてしまうことで、周囲の血管が切れて腫れ、皮下出血により色が変わるようです。
捻挫と一言で言っても、靭帯が伸びている状態、靭帯が一部断裂している状態、靭帯が完全に切れている状態と、傷つき具合によって、3つのレベルにわけられるようです。

※ コンテンツの内容、テキストの正確性に関して、利用者が確認をして使用するものとし、学術的、専門的見地を含め如何なる保証もいたしかねます。

※ 無断複製禁止。画像に電子署名を埋め込んであります。

外傷/整形外科/骨格系の関連素材/症状/スポーツでの怪我

下記の項目については、別途メールでお問い合わせください。折り返しの連絡方法(メールかお電話)を ご記入ください。

動画・イラストの加工・制作で個別のリクエストがございましたら、遠慮なく、お問い合わせください。