HOME/頭痛・熱・寒気/発熱で苦しむ男性

商品id:165

カートに入れる
カートに入れる
カートに入れる
プリミアライセンスについて

※コンテンツを利用した制作物が3万部以上の複製部数となる場合、こちらが必要になります。
詳しくは利用規約の第7条をご覧ください。
該当する場合は、問い合わせ欄からお問い合わせをお願いします。

医療説明ブログ

頭が痛いと思って体温計で体温を計ったら、
熱があることを知って落胆している男性のイラストです。

ちなみに38℃ぐらいまでを微熱といい、それ以上を高熱と判断します。
何日も熱が下がらないときは、風邪以外の病気の可能性があると考える場合もあるようです。

体温計の歴史は、なんと1609年にイタリアで作られたのがはじまりのようです。その後、1866年にドイツで水銀体温計が作られ、日本には1921年に国産の体温計が作られたようです。1980年代には水銀から電子の体温計になり、短時間で正確な体温計測が可能に! 随分便利になりました。体温計は、この先どのように発展するのでしょうか?

※ コンテンツの内容、テキストの正確性に関して、利用者が確認をして使用するものとし、学術的、専門的見地を含め如何なる保証もいたしかねます。

※ 無断複製禁止。画像に電子署名を埋め込んであります。

キーワード

頭痛・熱・寒気/インフルエンザ/かぜ/男/中年

オプション

下記の項目については、別途お問い合わせください。  

リクエスト

動画・イラストの加工・制作で個別のリクエストがございましたら、遠慮なく、お問い合わせください。