HOME/人物/薬剤師/薬について笑顔で応対している薬剤師

商品id:197

カートに入れる
カートに入れる
カートに入れる
プリミアライセンスについて

※コンテンツを利用した制作物が3万部以上の複製部数となる場合、こちらが必要になります。
詳しくは利用規約の第7条をご覧ください。
該当する場合は、問い合わせ欄からお問い合わせをお願いします。

医療説明ブログ

薬剤師が患者さんに薬の説明をしているシーンを示したイラストです。

薬剤師さんは、「患者さんの視点に立って物事を解決する方法:POS(Problem Oriented System)」だけではなく、SOAPという考えも大切にされているようです。

SOAPとは、診療録(カルテ)の書式の1つで、POSという患者さんの視点に立って物事を解決する考え方によって得られたデータを内容ごとに分類・整理した上で、S、O、A、Pの4つの項目に分けて考える分析手法のようです。

S(Subject):主観的なデータ(患者さんの話や病歴など)。
O(Object):客観的なデータ(身体診察・検査から得られた情報)。
A(Assessment):SとOの情報の評価。
P(Plan):SとOとAをもとにした治療方針

SOAPは多くの医療機関で導入されているようです。
こうして丁寧に個人個人にあった形で説明してもらえるのは嬉しいですね。

※ コンテンツの内容、テキストの正確性に関して、利用者が確認をして使用するものとし、学術的、専門的見地を含め如何なる保証もいたしかねます。

※ 無断複製禁止。画像に電子署名を埋め込んであります。

キーワード

服薬指導/女/若年/薬剤師

オプション

下記の項目については、別途お問い合わせください。  

リクエスト

動画・イラストの加工・制作で個別のリクエストがございましたら、遠慮なく、お問い合わせください。