HOME / 解剖学 / 筋肉の構造/筋肉の構造/筋肉の種類と構造:骨格筋、心筋、平滑筋

【筋肉系】

筋肉の種類と構造:骨格筋、心筋、平滑筋

ー 筋肉は3種類の筋肉があり、意思で動かせる筋肉と意思で動かせない筋肉があります ー

Snow +

※無断転載禁止

プリミアライセンス にアップグレードする

・配布部数が5,000を超える屋外広告または印刷広告
・Medic Artの著作権表記なしのウェブでの使用
※ 詳しくは利用規約 第4条をご覧ください。

心臓の筋層を構成している心筋は、心臓を拍動させる筋肉です。核が1つか2つもった細胞が介在版で結合して、網目状の筋肉を作っています。心筋は束ではなく、網目状になっていて、刺激が伝わりやすい構造になっています。
編み目状の心臓の筋肉の中には、リズムカルな収縮をコントロールするものもあるようです。

骨について、身体の姿勢や運動に関係する筋肉が骨格筋で、太い筋肉と細い筋肉が交互の束をなし、その束がいくつも並ぶことで構成されています。横しまが見えるのが特徴です。
筋肉には、意思で動かせる筋肉と意思で動かせない筋肉がありますが、骨格筋は意思で動かすことができる筋肉です。

平滑筋は、食道や胃、気道、膀胱、子宮などの周囲に存在しています。骨格筋に比べると細長く、横しまがない構造をしています。疲労しにくいのが特徴で、自律神経やホルモンなどで支配をされています。

※ コンテンツの内容、テキストの正確性に関して、利用者が確認をして使用するものとし、学術的、専門的見地を含め如何なる保証もいたしかねます。

※ 無断複製禁止。画像に電子署名を埋め込んであります。

筋肉の構造/全身/整形外科/筋肉系ポスター・素材/筋肉系の関連素材

下記の項目については、別途メールでお問い合わせください。折り返しの連絡方法(メールかお電話)を ご記入ください。

動画・イラストの加工・制作で個別のリクエストがございましたら、遠慮なく、お問い合わせください。