HOME / 解剖学 / 体幹(胴体)/体幹(胴体)/背筋(中間層)

【筋肉系】

背筋(中間層)

ー 浅層の背筋の深部、中間層にある筋肉 ー

Snow +

※無断転載禁止

プリミアライセンス にアップグレードする

・配布部数が5,000を超える屋外広告または印刷広告
・Medic Artの著作権表記なしのウェブでの使用
※ 詳しくは利用規約 第4条をご覧ください。

中間層には、腸肋筋(ちょうろっきん)、最長筋(さいちょうきん)、棘筋(きょくきん)という、脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)と言われる、腰から上の背骨を保持したり、背骨を伸ばしたりそらせたりするような役割の筋肉があります。

また、板状筋(ばんじょうきん)と言って、頭が前に倒れないように働く筋肉、後鋸筋(こうきょきん)という呼吸に関わる筋肉もあるほか、浅層の広背筋(こうはいきん)などの筋肉をつなぐ分厚い膜の胸腰筋膜(きょうようきんまく)などもあるようです。いろいろな種類の筋肉が存在しています。

※ 赤い文字が、中間層の筋肉です。青い文字が浅層、緑の文字が最も深い部分にある深層の筋肉をさしています。
※ 浅層・中間層・深層の三段階がありますが、深層を最深層と表現して、一番深い部分にある筋肉を強調して描いています。
※ ベクターデータはA4サイズで作られています。
※ 文字があるデータもございます。

※ コンテンツの内容、テキストの正確性に関して、利用者が確認をして使用するものとし、学術的、専門的見地を含め如何なる保証もいたしかねます。

※ 無断複製禁止。画像に電子署名を埋め込んであります。

体幹(胴体)/筋肉系の関連素材/筋肉系ポスター・素材/整形外科

下記の項目については、別途メールでお問い合わせください。折り返しの連絡方法(メールかお電話)を ご記入ください。

動画・イラストの加工・制作で個別のリクエストがございましたら、遠慮なく、お問い合わせください。