HOME/解剖図/消化器/消化に関わる器官3

商品id:492

カートに入れる
カートに入れる
カートに入れる
プリミアライセンスについて

※コンテンツを利用した制作物が3万部以上の複製部数となる場合、こちらが必要になります。
詳しくは利用規約の第7条をご覧ください。
該当する場合は、問い合わせ欄からお問い合わせをお願いします。

医療説明ブログ

消化管とは、食べたものを分解して、食べ物に含まれる栄養分や水分を体内に取り込む働きをする器官の総称です。一言で消化管といっても、口から肛門まではおよそ10メートルほどあると言われています。

口で食べた物を噛み砕き唾液と混ぜ合わせ、食道を通り、胃に入り、胃液と混ざり、十二指腸に送られた後、小腸に送られます。小腸で栄養素と水分がほとんど吸収され、残りかすは大腸で水分が吸収され、固形物となって、肛門から排出されます。(小腸で吸収された栄養分や水分の行方は……というと肝臓に運ばれ、体内に送られるようです)

このように、食べ物を体に取り込めるように分解する場所は腹部に集まっています。

※ コンテンツの内容、テキストの正確性に関して、利用者が確認をして使用するものとし、学術的、専門的見地を含め如何なる保証もいたしかねます。

※ 無断複製禁止。画像に電子署名を埋め込んであります。

キーワード

食道/胃/小腸/消化器内科/大腸

オプション

下記の項目については、別途お問い合わせください。  

リクエスト

動画・イラストの加工・制作で個別のリクエストがございましたら、遠慮なく、お問い合わせください。