HOME/病気/肝・胆・膵の病気/正常な肝臓、慢性肝炎、肝硬変、肝がん

商品id:689

カートに入れる
カートに入れる
カートに入れる
プリミアライセンスについて

※コンテンツを利用した制作物が3万部以上の複製部数となる場合、こちらが必要になります。
詳しくは利用規約の第7条をご覧ください。
該当する場合は、問い合わせ欄からお問い合わせをお願いします。

医療説明ブログ

肝臓は栄養分を活用できる形に分解・合成をするほか、グリコーゲンや脂肪を貯蔵したりと生命の維持には不可欠な臓器だと言われています。500を超える機能をもつようですよ。
そのような肝臓に、炎症が起こる病気を「肝炎」と言います。血液検査などで肝機能が低下する値が半年以上続くと慢性肝炎と考えられるようです。慢性肝炎の原因のほとんどがウイルス感染が原因のようです。B型やC型肝炎ウイルスはよく聞きますよね。

消化管で吸収した栄養成分などを肝臓に運ぶ管を門脈というのですが、その門脈に線維が増加して(線維化)硬くなった状態が肝硬変といい、さらに線維化が進み、中心静脈が圧迫されてしまった状態が肝硬変というようです。肝硬変になると、肝臓の基本単位「肝小葉(かんしょうよう)」もこぶのように硬くなり、肝臓表面がでこぼことしてくるようです。血液の流れが悪くなり、肝臓の働きがかなり低下してしまうとのこと。

肝臓を構成している細胞は、肝細胞と胆管細胞の大きく2種類に分けられ、肝細胞は肝臓の大部分を占める細胞、胆管細胞は、肝臓で作られる胆汁という液体(脂肪を吸収・消化をしやすくなる役割)を十二指腸に運ぶ役割の管、胆管の細胞になります。

これらの肝臓を構成している細胞からできるがんを、原発性肝がんというようです。
慢性感染から、肝硬変、肝がんへと進行するには、肝炎ウイルスが関わっているようですよ。


※ コンテンツの内容、テキストの正確性に関して、利用者が確認をして使用するものとし、学術的、専門的見地を含め如何なる保証もいたしかねます。

※ 無断複製禁止。画像に電子署名を埋め込んであります。

キーワード

肝炎/肝硬変/肝臓がん/肝臓/消化器外科/消化器内科

オプション

下記の項目については、別途お問い合わせください。  

リクエスト

動画・イラストの加工・制作で個別のリクエストがございましたら、遠慮なく、お問い合わせください。