HOME/病気/骨・関節の病気/椎間板ヘルニアになった腰椎(ようつい)

商品id:263

カートに入れる
カートに入れる
カートに入れる
プリミアライセンスについて

※コンテンツを利用した制作物が3万部以上の複製部数となる場合、こちらが必要になります。
詳しくは利用規約の第7条をご覧ください。
該当する場合は、問い合わせ欄からお問い合わせをお願いします。

医療説明ブログ

椎間板ヘルニアを起こした、腰椎(ようつい)のイメージイラストです。

背骨を構成している骨は椎骨(ついこつ)になりますが、腰の部分の骨が腰椎です。

骨と骨の間にある椎間板(ついかんばん)の中に髄核というものが入っています。椎間板の髄核が後ろの方に突出し、神経を圧迫してしまう状態を「椎間板ヘルニア」と言います。神経根(山吹色)を水色の椎間板(丸い水色の部分)から出た髄核(薄い水色部分)。腰椎の場合、下部で起こりやすいと言われています。

※ コンテンツの内容、テキストの正確性に関して、利用者が確認をして使用するものとし、学術的、専門的見地を含め如何なる保証もいたしかねます。

※ 無断複製禁止。画像に電子署名を埋め込んであります。

キーワード

椎間板ヘルニア/整形外科/骨格系の関連素材/骨・関節ポスター・素材

オプション

下記の項目については、別途お問い合わせください。  

リクエスト

動画・イラストの加工・制作で個別のリクエストがございましたら、遠慮なく、お問い合わせください。