HOME/予防/栄養指導/栄養バランスのとれた食事2(主食、副菜、主菜)+(牛乳・乳製品、果物)

商品id:159

カートに入れる
カートに入れる
カートに入れる
プリミアライセンスについて

※コンテンツを利用した制作物が3万部以上の複製部数となる場合、こちらが必要になります。
詳しくは利用規約の第7条をご覧ください。
該当する場合は、問い合わせ欄からお問い合わせをお願いします。

医療説明ブログ

食事で大切なのは、栄養のバランスよく食べること。
それには、主食・主菜・副菜の組み合わせが基本になり、
その組み合わせをイメージしたイラストになります。

「主食」は、ご飯やパン、麺類といった穀類で、エネルギーのもとになる炭水化物が主になります。「主菜」は、魚や肉、卵、大豆製品を使ったおかずで、からだをつくる働きのたんぱく質や脂質などが主になります。「副菜」は、野菜や海藻をたっぷり使ったおかずで、からだの調子を整えるビタミンやミネラルが主となります。

主食・主菜・副菜の組み合わせの基本に、1日に1回は、牛乳・乳製品と果物を取り入れると良いようです。
牛乳・乳製品でカルシウムを、果物でビタミンCやカリウムを補充することができます。これらを5つのグループとして、食事のバランスを考えると良いようです。

※ コンテンツの内容、テキストの正確性に関して、利用者が確認をして使用するものとし、学術的、専門的見地を含め如何なる保証もいたしかねます。

※ 無断複製禁止。画像に電子署名を埋め込んであります。

キーワード

栄養バランス/料理、食べ物

オプション

下記の項目については、別途お問い合わせください。  

リクエスト

動画・イラストの加工・制作で個別のリクエストがございましたら、遠慮なく、お問い合わせください。