HOME/診療科/胸部/喘息発作を起こしている気管支

商品id:681

カートに入れる
カートに入れる
カートに入れる
プリミアライセンスについて

※コンテンツを利用した制作物が3万部以上の複製部数となる場合、こちらが必要になります。
詳しくは利用規約の第7条をご覧ください。
該当する場合は、問い合わせ欄からお問い合わせをお願いします。

医療説明ブログ

口や鼻から吸い込んだ空気は、気管や気管支を通って肺に運ばれます。気管支は周囲を軟骨と平滑筋で覆われ、空気の通り道が細くならないような構造をしています。気管や気管支の内側の表面の粘膜は粘液で覆われていて、病原体や異物を排除する構造になっているとか。

呼吸器疾患の中で患者数が最も多いと言われるのが、気管支ぜんそくのようです。
気管支ぜんそくとは、気管支の粘膜に慢性的に炎症が起きて、気管支の内腔が狭くなり、気管支が様々な刺激に対して過敏に反応してしまう病気をさします。気管支喘息の方は、つねに気道が炎症を起こしている状態なので、わずかな刺激でも反応をして、咳や痰、呼吸困難などの症状が急に起きて、それを繰り返してしまうようです。

※ コンテンツの内容、テキストの正確性に関して、利用者が確認をして使用するものとし、学術的、専門的見地を含め如何なる保証もいたしかねます。

※ 無断複製禁止。画像に電子署名を埋め込んであります。

キーワード

ぜんそく/呼吸器内科

オプション

下記の項目については、別途お問い合わせください。  

リクエスト

動画・イラストの加工・制作で個別のリクエストがございましたら、遠慮なく、お問い合わせください。