HOME/診療科/腹部/急性胃炎と慢性胃炎

商品id:659

カートに入れる
カートに入れる
カートに入れる
プリミアライセンスについて

※コンテンツを利用した制作物が3万部以上の複製部数となる場合、こちらが必要になります。
詳しくは利用規約の第7条をご覧ください。
該当する場合は、問い合わせ欄からお問い合わせをお願いします。

医療説明ブログ

急性胃炎は、さまざまな原因で起きる胃粘膜の炎症で、日常的にも起こりやすいと言われています。多食、アルコールや珈琲の飲み過ぎやストレス、ウイルスや細菌の感染など原因がはっきりしていて、発症すると、胃の粘膜に発赤、浮腫、ただれなどが起こり、胃で激しい痛みが起こるのですが、安静にするなどで数日でおさまることがほとんどのようです。

一方慢性胃炎は、炎症を繰り返して、胃粘膜が傷ついてしまうことによって起こり、慢性的に症状が続きます。胃粘膜の状態によって、4種類に分けられるようです。(表層性胃炎、びらん性胃炎、萎縮性胃炎:いしゅくせいいえん、肥厚性胃炎:ひこうせいいえん)
胃粘膜ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)が原因ではないかと言われているのですが、まだ確定的ではないようです。

※ コンテンツの内容、テキストの正確性に関して、利用者が確認をして使用するものとし、学術的、専門的見地を含め如何なる保証もいたしかねます。

※ 無断複製禁止。画像に電子署名を埋め込んであります。

キーワード

胃・十二指腸の病気/胃がん/消化器内科/消化器外科

オプション

下記の項目については、別途お問い合わせください。  

リクエスト

動画・イラストの加工・制作で個別のリクエストがございましたら、遠慮なく、お問い合わせください。