HOME/診療科/全身/アレルギー性鼻炎(花粉症など)のメカニズム

商品id:381

カートに入れる
カートに入れる
カートに入れる
プリミアライセンスについて

※コンテンツを利用した制作物が3万部以上の複製部数となる場合、こちらが必要になります。
詳しくは利用規約の第7条をご覧ください。
該当する場合は、問い合わせ欄からお問い合わせをお願いします。

医療説明ブログ

花粉症、別名、季節性アレルギー性鼻炎と言います。

アレルギーとは、異物に体する対して過敏に反応する状態のことで、免疫反応が関係するものをさしています。

ハウスダスト、花粉類、カビ類、動物の毛・フケなどが原因(アレルゲン)となり、体内の免疫システムを刺激してアレルギー性鼻炎の症状を引き起こします。
アレルギー性鼻炎は、くしゃみ、鼻づまり、鼻汁の3つの症状を特徴としています。

花粉などのアレルゲンが体内に入ることで、抗原(体の中に侵入してきた異物)と呼ばれる物質が鼻の粘膜内に入ってきます。
すると、その異物をマクロファージという細胞が食べて、その情報をリンパ球に伝え、
リンパ球が異物が次に入ってきたときに攻撃をできるよう、抗体を作ります。


その抗体を肥満細胞の表面につけます。そうすることで次に同じアレルゲンが入ってきても、アレルゲンと抗体が結合し、
炎症を引き起こすヒスタミンなどの化学物質が放出され、鼻粘膜は刺激され、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状を起こします。



[メモ]

マクロファージは白血球のひとつ。アメーバ状の形をしていて、免疫細胞の中でもメインの役割を果たしています。
リンパ球も白血球のひとつ。体内に入って来た有害な異物を排除するために働いています。
抗体とは、異物が体内に入って来たとき、体から追い出すためにできる対抗物質です。

肥満細胞とは、目や鼻など粘膜部位にたくさん存在するのが特徴で、体の防御に大切な役割を担っています。
(脂肪や肥満とは関係ないです)

※ コンテンツの内容、テキストの正確性に関して、利用者が確認をして使用するものとし、学術的、専門的見地を含め如何なる保証もいたしかねます。

※ 無断複製禁止。画像に電子署名を埋め込んであります。

キーワード

小児科/耳鼻咽喉科/アレルギー反応

オプション

下記の項目については、別途お問い合わせください。  

リクエスト

動画・イラストの加工・制作で個別のリクエストがございましたら、遠慮なく、お問い合わせください。