HOME/ストレスを感じたときの「心のメカニズム」

商品id:133

プリミアライセンスについて

※コンテンツを利用した制作物が3万部以上の複製部数となる場合、こちらが必要になります。
詳しくは利用規約の第7条をご覧ください。
該当する場合は、問い合わせ欄からお問い合わせをお願いします。

医療説明ブログ

「ストレス」という言葉は、元々、物理学の専門用語で
「外圧に加わった際に生じる物質のゆがみ」という意味です。


メンタルヘルスのこける「ストレス」の意味は、
「ストレスの原因(ストレッサーと言います)により引き起こされる変化」を指しています。
(イラストでは、ストレッサーではなく、分かりやすいように、ストレスと表示しています。
以後、ストレスと表記しますね)

どんな方でも日々、ストレスを感じるシーンはあるかと思います。
そのときにどのようなことが起こっているのかを示したイラストになります。



健康な心を丸いボールで表現しています。
ですが、何かストレスを感じると(赤い矢印で、力の方向を示しています)、
心に負荷がかかり、丸い心のボールがへこんでしまいます。

心はストレスに耐えようとしています(青い矢印)。
自らにかかる負荷が、自分のキャパシティを超えてしまうと、
ストレス反応を起こして、心や体や行動になんらかの影響が出てしまいます。


ストレスと聞くと悪いイメージにもたれることが多いのですが、
過度なストレスを持つことが、生活に張りを持たせて
仕事のパフォーマンスを持たせることが、
過去の研究よりわかっています。

ストレスが悪いと決めつけず、効果的に利用をしていきたいですね。


=============
こちらのイラストは、下記の価格で販売しています。
ご興味はある方は個別にご連絡ください。
E-mail:info(@)medicart8.jp
(@)を@に変えてください。

ベクター(アウトラインありとなしのデータCS4保存のAiデータ、アウトラインなしのepsデータ一式) 10,000 円
M(長辺が1280pixel、300dpi、TIFF、JPEG) 2,700 円(税別)
S(長辺が750pixel、300dpi、TIFF、JPEG) 2,000 円(税別)

※ コンテンツの内容、テキストの正確性に関して、利用者が確認をして使用するものとし、学術的、専門的見地を含め如何なる保証もいたしかねます。

※ 無断複製禁止。画像に電子署名を埋め込んであります。

キーワード

精神科・心療内科

オプション

下記の項目については、別途お問い合わせください。  

リクエスト

動画・イラストの加工・制作で個別のリクエストがございましたら、遠慮なく、お問い合わせください。